(*arms_dump_module_cb_t)()

関数

typedef int (*arms_dump_module_cb_t)(int action, const char *buff, size_t buff_len, void *udata)

呼び出し方向

libarms->アプリケーション

目的

Module Cache の保存・消去を行う。 コールバックテーブルへの登録は任意。

説明

RS からの指示に従い Module Cache の保存・消去をコールバックで指示する。 保存が指示された場合、 SA は Module Cache を不揮発性メモリに保存するなどしておき、 次回起動後に arms_restore_module() を用いて Module Cache を設定することで、 RS アクセスを省いて SA に Service-Config を反映させることができる。 本関数は arms_pull() または arms_event_loop() の内部処理から呼ばれる。

引数

int action

Module Cache に関する動作種別を示す値。次のいずれかとなる。

ARMS_DUMP_MODULE_STORE
Module Cache を不揮発性メモリに保存する。 Module Cache は *buff に渡され、その長さは buff_len に渡される。
ARMS_DUMP_MODULE_REMOVE
不揮発性メモリに保存してある Module Cache を削除する。
const char *buff
Module Cache を格納している libarms のバッファ。 Module Cache を消去するときは NULL が渡される。
size_t buff_len
Module Cache のデータサイズ。:c:data:*buff に収められたデータのバイト数。 Module Cache を消去するときは バッファ長に 0 が渡される。
void *udata
arms_pull() あるいは arms_event_loop() で指定したポインタ。

返り値

0
正常終了
非0
異常終了(エラーコード)
ARMS_EPULL
モジュールの同期が必要

ヒストリ

このAPIはVer6.30で追加された。

目次

前のトピックへ

(*arms_hb_store_statistics_cb_t)()

次のトピックへ

arms_hb_set_cpu_detail_usage()

リンク