Version 5.1

  • リリース日: 2013/09/05

SMF SDK version 5.0 からの変更点は以下の通りです。

ノート

RS-API の変更点については RS-API のパッケージ(RS/rs-api-X.X-X.zip)内の ChangeLog.txt ファイルをご覧ください

不具合修正

  1. 初回起動サービスアダプタの起動直後付近のグラフデータが欠損することがある問題を修正しました。
  2. hbserver が異常終了していたので正常に終了するように修正しました。
  3. ARMS-Proxy サーバから https-tunnel モードで接続中の SA への Push が ArmsPushTimeout 秒を超えて成功した場合に、他実行中の Push オペレーションが失われる不具合を修正しました。
  4. 同時に多数の SA が起動する際の ARMS-Proxy サーバの挙動を改善しました。
  5. RS サーバが過負荷状態にある場合の ARMS-Proxy サーバの挙動を改善しました。

その他の変更

  1. Heartbeat のパッケージインストール時に chkconfig –add するように変更しました。
  2. hbserver.conf の文字コードを UTF-8 に変更しました。
  3. hbserver.conf と hbserver.conf.sample の AcceptPreviousTime の値の調整を行いました。
  4. hbserver のログの出力レベルの調整ををおこないました。
  5. 多数の SA を収容できるよう ARMS-Proxy サーバの設定値のデフォルト値を調整しました。