Welcome to SMF SDK’s documentation!

SMF SDK は、SMFv2 システムを構築するためのソフトウェア、ライブラリ、各種ドキュメントが含まれたソフトウェアです。

SMF SDK とは

SMF SDK は、SMFv2システムにおけるサーバシステムを独自に構築するための開発キットです。 通常はIIJが提供するSACMサービス等を使うことで簡単に自動接続・集中管理の仕組みを実現することができますが、カスタマイズしたWebUIを提供する必要がある場合などにご利用いただくことができます。

SMF SDK の構成物

SMF SDKは RPM形式のバイナリパッケージを含む圧縮ファイルで提供され、以下のものが収録されています。

  • SMF SDK開発用 JavaAPIライブラリ
  • データベーススキーマ定義ファイル
  • ARMS-Proxyサーバ、Heartbeatサーババイナリパッケージ(RPM形式)
  • デモ環境構築用Eclipseプロジェクトファイル

以下、簡単に各収録物について解説します。

SMF SDK開発用APIライブラリ

SMF SDKの本体となるAPIライブラリです。SMFv2システムにおいて中核となる管理用サーバ(RS)を構築するためのAPIライブラリとなります。このAPIはJava APIライブラリとして提供されます。 データベーススキーマ定義

RS構築用APIでは、データストアとしてMySQLを利用します。SMF SDK には MySQL用 のデータベーススキーマ定義ファイルが収録されています。

ARMS Proxyサーバ、Heartbeatサーバインストールパッケージ

SMFv2システムを動作させるために必要となるパッケージです。これらはRPM形式のバイナリパッケージとして提供され、インストールするだけで使う事ができます。

デモ環境用Eclipseプロジェクトファイル

RS上の簡易アプリケーションプログラムを含むプロジェクトファイルです。ひとまずSMFv2サーバシステムを一通り動かしてみる、といった目的に利用することができます。

各種ドキュメント

以下のドキュメントが提供されます。 SMF SDKドキュメント からご覧ください。

  • SMFv2システム仕様書
  • インストールガイド
  • システム移行ガイド
  • システム開発ガイド
  • システム運用ガイド
  • デモ環境ガイド
  • リリースノート

SMF SDK をご利用いただくために

SMF SDK は、無償で提供され、誰でもダウンロードすることができます。 ただし、SMF SDKを用いてサービス提供を行う場合、別途LSサービスへの申し込みが必要となります。詳しくは http://www.smf.jp をご覧ください。