Version 4.1

  • リリース日: 2012/05/29

SMF SDK version 4.0 からの変更点は以下の通りです。

ノート

RS-API の変更点については RS-API のパッケージ(RS/rs-api-X.X-X.zip)内の ChangeLog.txt ファイルをご覧ください

不具合修正

  1. CPU Usage description のグラフで、 nice と表示されていたものを other に修正しました。
  2. 電波受信レベルのグラフで、平均値(average)の値が最小値(min)の値と、最小値(min)の値が平均値(average)の値と表示されていたものを修正しました。
  3. ARMS-Proxy サーバにおいて、SA との通信がタイムアウトした際の挙動を改善しました。
    • SA の応答時間が ArmsPushTimeout 秒を超えた場合に ARMS-Proxy サーバの内部状態が壊れるケースがあり、これを修正しました。

仕様変更

  1. Heartbeat サーバのパケットフォーマットから Traffic Counter を削除しました。
    • 今後は Rate Counter のみを使用してください。
  2. 本リリースから、配布形式を ISO 形式から圧縮ファイル(tar.gz)での提供に変更しました。
  3. 本リリースから、ドキュメントをPDFではなくオンラインのHTML形式での提供に変更しました。