Version 3.1

  • リリース日: 2011/04/01

SMF SDK version 2.5 からの変更点は以下の通りです。

ノート

RS-API の変更点については RS-API のパッケージ(RS/rs-api-X.X-X.zip)内の ChangeLog.txt ファイルをご覧ください

機能追加

  1. RS - ARMS-Proxy 間の冗長性を向上しました。
    • オペレーションリクエスト結果を RS に保存できるようになりました。これによって結果が保存されている ARMS-Proxy に障害が発生した際にも結果を参照できるようになります。
    • 「インストール手順書」を参考に、ARMS-Proxy サーバの proxy.cfg にpush-result-save-to を設定してください

仕様変更

  1. ARMS-Proxy の cron 依存部分を撤廃しました。
    • オペレーションリクエストの取得、有効期限切れのオペレーションリクエスト結果の削除を cron から定期的に実行していましたが、これらはARMS-Proxy が自発的に行うようになりました。
  2. RHEL-5.5 において libevent の API 互換性がなくなったため、動的リンクを取り止め、 libevent-1.1a-3.2.1 を hberver に静的リンクするように変更しました。

不具合修正

  1. hbserver の 終了処理中に異常終了する不具合を修正しました。
  2. grapher.cgi において、ItemIndex が 10 以上の場合にグラフが表示できない不具合を修正しました。

その他の変更

  1. JRE の推奨バージョンを 6 以降にしました。