パフォーマンス

性能上限について

1 つの RS システム全体でのサービスアダプタ収容台数やサービスアダプタへの操作頻度等の性能上の上限は、サーバ機器の

  • CPU 性能
  • ディスク容量
  • ディスク I/O 性能

等に依存しており、設定上の上限値は存在しません。このため、各サーバの負荷状況をモニタリングし、各サービスが動作するマシンを分離したり、 サービスアダプタを収容するサーバを分散させる必要があります。 例としては、ARMS-Proxy サーバと Heartbeat サーバが動作するホストを分離させる、といった構成が挙げられます。

なお、前述のようなスケールアウトにより負荷を分散させた場合、最終的には DB の性能がボトルネックとなってきます。 この場合、DBMS 自体のパフォーマンス向上の仕組みを利用する必要があるため、大規模構成での運用が必要な場合は慎重に DBMS の構成を行ってください。

性能上のポイント

各種パラメータまたはイベントによって負荷がかかるポイントは変化するため、およその目安として以下の表を参考にしてください。

ARMS-Proxy および Heartbeat

ARMS-Proxy Heartbeat
CPU Disk I/O Disk 容量 CPU Disk I/O Disk 容量
接続待受型サービスアダプタ数 - - -
接続持続型サービスアダプタ数 - -
サービスアダプタ起動間隔 (PULL) - - - - -
サービスアダプタ操作数 (Push) - - -
Push 結果取得アクセス数 - - - -
RS-UI(RS-API) アクセス数 - - - - - -
Heartbeat グラフアクセス数 - - -
Heartbeat 監視間隔 - - - -
Heartbeat 監視状態変化 - - - -
Heartbeat 送信間隔 - - -
Heartbeat グラフデータ保存期間 - - -

RS および DBMS

RS DBMS
CPU Disk I/O Disk 容量 CPU Disk I/O Disk 容量
接続待受型サービスアダプタ数 - -
接続持続型サービスアダプタ数 - -
サービスアダプタ起動間隔 (PULL) - -
サービスアダプタ操作数 (Push) - -
Push 結果取得アクセス数 - - -
RS-UI(RS-API) アクセス数 - - -
Heartbeat グラフアクセス数 - - - - - -
Heartbeat 監視間隔 - - -
Heartbeat 監視状態変化 - -
Heartbeat 送信間隔 - - - - -
Heartbeat グラフデータ保存期間 - - - - - -
表の読み方

上記表のうち、記号の意味は以下に示す通りです。

記号 意味
影響大
影響中
影響小
- 影響無 (またはログのみ)

例として、サービスアダプタに対する Push 数が増加すると、それに伴って以下のような性能上のインパクトがある、ということになります。

  • ARMS-Proxy サーバにて CPU の性能に大きく依存しており、Disk I/O、Disk 容量にも影響が及ぶ
  • Heartbeat サーバに対しては性能上の影響は発生しない
  • RS にて CPU の性能に影響が及ぶ
  • DBMS にて CPU、Disk I/O の性能に影響が及ぶ

具体的にどのような影響があり、何台まで SA を収容できるか、また具体的にどの程度 CPU を消費するのか、といった定性的な値は環境に大きく依存します。 大規模な環境での運用を行う場合、定期的にサーバの状況をモニタリングする、もしくは事前に検証機材等を用いて負荷テストを行う、 といった対応を取ることも有効な手段です。