Version 5.5

  • リリース日: 2015/04/24

SMF SDK version 5.4 からの変更点は以下の通りです。

ノート

RS-API の変更点については RS-API のパッケージ(RS/rs-api-X.X-X.zip)内の ChangeLog.txt ファイルをご覧ください

仕様変更

  1. ARMS-Proxy
    • SAの再起動を伴うPushオペレーションは間隔(DelayPushInterval)をあけて実行するよう変更しました。
    • 数十以上のPushオペレーションを同時に実行する際のパフォーマンスを改善しました。
    • AgentConcurrencyのデフォルト値を100に変更し、これを推奨値とします。