準備

本章では、SMF SDK のインストールを開始するにあたり、必要な機材やソフトウェア、ネットワーク等について説明します。

動作環境

SMF SDK をインストールするためには、以下のハードウェアおよびソフトウェアが必要です。 なお、本文書では RS, ARMS-Proxy, Heartbeat サーバをすべて同一のホスト上で構築することを前提としています。

ソフトウェア OS CentOS 5 または RedHat Enterprise Linux 5(for x86)
CentOS 6 または RedHat Enterprise Linux 6(for x86_64)
RDBMS MySQL 5.0 以降
Java 実行環境 JRE 6以降/JDK 6以降のいずれか
ハードウェア サーバ本体 RedHat Enterprise Linux が動作するマシン

インストール手順の流れ

SMF SDK のインストールは、以下のような流れで行います。

機器の選定・OS のインストール

SMF SDK をインストールする対象となるハードウェアを選定し、RedHat Enterprise Linux をインストールします。

CentOS 5 または RedHat Enterprise Linux 5 インストールの際の注意点は以下の通りです。

ディスクパーティション
SMF SDK では、実行ファイルやログファイルを /var/service/smf 以下にインストールします。このため、 /var パーティションには十分な領域を確保するようにしてください。
インストールパッケージ

SMF SDK では以下のパッケージを利用しますので、インストール時に含めるようにしてください。

Heartbeat サーバが依存している RRDtool は RedHat Enterprise Linux 5 にパッケージが存在していないため外部パッケージとしてインストールします。

  • httpd (Apache)
  • OpenSSL
  • Python
  • pyOpenSSL
  • libevent
  • libart lgpl
  • vixie-cron
  • MySQL

CentOS 6 または RedHat Enterprise Linux 6 インストールの際の注意点は以下の通りです。

ディスクパーティション
SMF SDK では、実行ファイルやログファイルを /var/service/smf 以下にインストールします。このため、 /var パーティションには十分な領域を確保するようにしてください。
インストールパッケージ

SMF SDK では以下のパッケージを利用しますので、インストール時に含めるようにしてください。

Heartbeat サーバが依存している RRDtool は RedHat Enterprise Linux 6 にパッケージが存在するため libart_lgpl はインストールする必要はありません。

  • httpd (Apache)
  • OpenSSL
  • Python
  • pyOpenSSL
  • libevent
  • rrdtool
  • vixie-cron
  • MySQL

サーバ証明書の作成

システム開発ガイド を参考に、サーバ証明書を作成してください。これを ARMS-Proxy サーバの構築時に使用します。

ARMS-Proxy サーバの構築

ARMS-Proxy サーバの構築 を参考に、ARMS-Proxy サーバのインストールおよび設定を行います。

Heartbeat サーバの構築

Heartbeat サーバの構築 を参考に、Heartbeat サーバのインストールおよび設定を行います。

データベースの構築

データベーススキーマ定義ファイルを元に、データベースの構築を行います。詳細は「 システム開発ガイド 」をご覧ください。

RS アプリケーションの配置

作成した RS アプリケーションを配置します。詳細は「 システム開発ガイド 」をご覧ください。