データベース

SMFv2システムでは、サービスアダプタの登録情報やステータス、コンフィグといった情報は全てデータベース上に保存されています。 データベースの内容はすべてRS-APIライブラリを介して操作することになりますので、デバッグ等の特別な目的が無い限りは通常、直接データベースにSQLを発行するようなケースはありません。

本章では、データベースを構築する際の注意点と、作成するテーブルに関する詳細情報をまとめます。

対象とするデータベースソフトウェア

SMF SDKでは、以下のデータベースソフトを利用することを推奨しています。

  • MySQL
  • Oracle

作成されるテーブル

SMF SDKに含まれるSQLスキーマにより作られるテーブルは以下の通りです。

  • certificate
  • certificate_authority
  • smf_user
  • server_group
  • server
  • service_adapter
  • service_adapter_group
  • monitor
  • request_group1
  • request_group2
  • request_group3
  • request_group4
  • request_group5
  • request1
  • request2
  • request3
  • request4
  • request5
  • event1
  • event2
  • event3
  • event4
  • config_container
  • config
  • module_package
  • module_dependency

request_group, requestテーブルは1ヶ月ごとに使われるテーブル番号が進みます。 過去2ヶ月と2ヶ月先までのリクエストが保存され1ヶ月ごとにテーブル一つをtruncateします。 eventテーブルは同様に1ヶ月ごとにtruncateされ過去2ヶ月の情報を保存します。