ダウンロード

こちらのページから SMF SDK をダウンロードできます。 ダウンロードしたソフトウェアをご使用される前に、必ず以下の注意事項、ソフトウェア使用許諾規約をよくお読み頂き同意される場合にのみご使用ください。

利用許諾

ソフトウェア使用許諾規約:

本規約の最後にある「同意する」リンクをクリックすることにより、お客様(以下「ライセンシー」という。)は、
株式会社インターネットイニシアティブ(以下「当社」)と、当社のSMF SDKソフトウェア(本規約に定義のとおりとする。)
の使用に関し、以下の条件に同意したとみなされるものとします。



(定義)
第1条
(1) 「拡張等」とは、当社が定める「ソフトウェア」への修正や機能の追加等の変更部分をいいます。
なお、「ソフトウェア」に含まれる機能の追加等のうち、当社が使用許諾を別途必要とすると定めるものは
「拡張等」に含まれないものとします。
(2) 「ライセンシーのハードウェア」は、ライセンシーのハードウェアで、本規約において「ソフトウェア」を
インストールし販売することを許諾されたものをいいます。
(3) 「ソフトウェア」とは、(i)当社のSMF SDKソフトウェアをいい、当社が開発又は権利を有し、本規約に
基づいてライセンシーに使用を許諾されるもの、(ii)「拡張等」のすべて、及び(iii)前記(i)及び(ii)
の全部又は一部の複製物もしくは代替物をいいます。

(使用権の許諾)
第2条 当社は、ライセンシーに対して、「ソフトウェア」の使用について次に定める非独占的、譲渡不能な権利を
許諾(以下、「本使用許諾」という。)するものとします。
(1) ライセンシーは、「ソフトウェア」を「ライセンシーのハードウェア」にインストールすること、
当該インストールを目的とした複製並びに改変及び当該ハードウェアを販売すること(以下、「本目的」という)が
できるものとします。
(2) ライセンシーは、本規約における明示的な定めまたは当社の書面による事前の許諾なくして、
「ソフトウェア」の改変、翻訳等を行なってはならないものとします。
(3) ライセンシーは、当社の書面による事前の許諾なくして、「ソフトウェア」についてリバース・エンジニアリング、
逆コンパイル、逆アセンブルしたり、二次的著作物作成に利用することはできないものとします。
(4) 「ソフトウェア」にソースコードが含まれる場合、ライセンシーは、本目的以外の目的で使用、複製してはならず、
第三者に開示してはならないものとします。
(5) 前号の定めに拘わらず、ライセンシーは、本目的のため必要な範囲でライセンシーの業務委託先
(以下、「業務委託先」という。)に「ソフトウェア」を開示し、使用させることができるものとします。
この場合、ライセンシーは、本規約のもと自己が負う義務と同等の義務を当該第三者に課すとともに、
当該第三者の行為について連帯して責任を負うものとします。
(6) 「ソフトウェア」にGPLプログラム及びそれを改変したプログラムが含まれる場合は、ライセンシーは、
「ソフトウェア」に附帯している定めに従って、「ライセンシーのハードウェア」の顧客からの請求に応じ
ソースコードを配布するものとします。

(無償提供)
第3条 「ソフトウェア」は無償で提供されるものとします。ただし、将来提供されるバージョン及び更新版
「ソフトウェア」が無償で提供されることを保証するものではありません。

(権利の帰属)
第4条 「ソフトウェア」の著作権及び工業所有権等を含む一切の知的財産権は、当社に独占的に帰属し、
ライセンシーは第2条に記載の権利のみを取得し、著作権又はそれ以外の権利等を取得するものではないものとします。

(機密の保全)
第5条 ライセンシーは、「ソフトウェア」の使用又は取扱いを許可するライセンシーの従業員
(並びにライセンシーの管理責任下にある第三者)を特定し、「ソフトウェア」の使用条件を遵守させるために
必要な措置を講ずるものとします。

(保証)
第6条 当社は、「ソフトウェア」を現状有姿で提供するものとし、「ソフトウェア」の機能がライセンシーの
要求に合致していること及び「ソフトウェア」の動作に欠陥がないこと及び第三者の権利の非侵害も含め、
「ソフトウェア」に関して一切の保証責任(明示的なものであると黙示的なものであるとの別、文書によるもので
あると口頭によるものであるとの別、法定のものであると解釈、慣習、取引慣行によるものであるとの別を
一切問わない。)を負担しないものとします。
2.「ソフトウェア」に不具合がある場合、当社の判断により、修補その他の措置を講ずることができるものとします。

(責任の制限)
第7条 ライセンシーは、当社が損害発生の可能性を事前に知らされた場合であっても、「ソフトウェア」の使用、
使用不能により発生した如何なる逸失利益、利益、データ、及び、特別損害、間接損害、二次的損害、付随的損害の
一切の責任を当社が負わないことに予め同意します。
2.ライセンシーは、「ソフトウェア」の使用または依存から発生、またはこれらに関連するすべての責任、損失、
行為、損害、クレーム(すべての合理的な額の費用、支出、弁護士費用を含む)から当社を防禦するものとします。

(期間及び終了)
第8条 本使用許諾は、次項により終了するまで、有効に存続するものとします。
2.当社は、ライセンシーが次の各号に掲げる事由に該当するときは、何等の催告を要せず、本使用許諾を終了
することができるものとします。この場合において、ライセンシーは、本使用許諾に基づく債務について、
直ちに期限の利益を喪失するものとします。
(1)重大な背信行為があったとき
(2)本使用許諾に基づく債務の不履行があった場合において、書面による催告をしたにもかかわらず30日以内に
当該債務不履行が是正されないとき
(3)支払の停止があったとき、又は、仮差押、差押、競売、破産、民事再生手続開始、会社更生手続開始、
会社整理開始、特別清算開始その他これに類する手続の申立があったとき
(4)手形交換所の取引停止処分をうけたとき
(5)公租公課の滞納処分を受けたとき
(6)その他本使用許諾を継続し難い重大な事由が発生したとき
3.第2条、第4条、第5条、第6条、第7条、第12条の規定は、本使用許諾の終了後も有効とします。
4.本使用許諾が終了した場合、ライセンシーは、「ソフトウェア」の使用及び「ライセンシーのハードウェア」
の販売を直ちに中止するものとします。また、本使用許諾終了後10日以内に、「ソフトウェア」並びにその複製物一切を、
当社の要求に従い、返還又は破棄の処理をなし、その旨を当社に書面にて証明するものとします。

(不可抗力)
第9条  当社及びライセンシーは、天災地変、火災、公権力による命令処分、輸送機関の事故等の不可抗力により
本規約に基づく債務の全部又は一部が履行不能となったときは、債務不履行の責めを負わないものとします。
この場合、速やかに相手方に通知し、その後の取扱いについて相手方と協議するものとします。

(日本国外での使用等)
第10条 当社は、「ソフトウェア」及び「ライセンシーのハードウェア」を日本国以外の国へ輸出すること、及び、
日本国以外の国で使用することが、日本国及び当該国の法令に照らして適法であるか否かについて何ら保証しないものとします。
2.ライセンシ-は、「ソフトウェア」及び「ライセンシーのハードウェア」を日本国以外の国へ輸出又は当該国で
使用する場合は、「外国為替および外国貿易法」を含めた一切の輸出規制その他の適用法令・規則を遵守するものとし、
ライセンシーの責任で必要な手続をとるものとします。

(権利譲渡等)
第11条
ライセンシーは、あらかじめ当社の書面による承諾を得た場合を除き、本使用許諾上の権利又は義務について
譲渡その他の処分をしてはならないものとします。

(管轄裁判所)
第12条(管轄裁判所)
本規約に関する一切の紛争に係る事件については、東京地方裁判所を第一審の排他的な専属裁判所とします。


以上
平成23年3月31日現在

同意しますか?